京セラソーラーFC 京セラ
京セラソーラーFC浜松中央 サイトマップ 会社概要 プライバシーポリシー お問い合わせ
HOME 施工実績 お客様レポート 製品紹介 施工の流れ 環境への取り組み 何でも相談室 TOPICS
営業スタッフが、導入の目的やご希望をお客さまからお伺いし、構想を立案いたします(設置する施設・場所、現在の負荷、ご希望のシステムの規模や形態、設置時期)。
建物、周辺環境、電気施設などを確認させていただきます。
導入の意義・目的・規模を明らかにして、導入プランをご提案します。
・設置位置、方位・角度、設置方式、周辺機器などシステム要件を検討していきます。
・検討した設計に対する、発電電力量予測などメリットやコストを算出します。
・また、関係する所轄官庁と電力会社との相談・打ち合わせを進めます。
実際に設置するために必要な詳細な設計を行います。機器設計、システム設計、強度計算を行い、周辺機器の選定を進めます。
公的支援制度などへの申し込みを行い、電力会社との系統連系契約(※1)を行います。
工事の契約を行います。
工事スケジュールを決定します。関係する所轄官庁に各種申請や届出(※2)を行います。
通常3か月〜4か月間程度(規模、内容によって異なります。)
竣工検査及び電力会社による検査があります。
システムが稼動後も、京セラの保守・アフターメンテナンス体制がバックアップいたします。
上記は、NEDO技術開発機構「太陽光発電導入ガイドブック」を参考とした一般的な流れを示したモデルです。
上記の内容の実施にあたっては、打合せの上すすめさせていただきます。
※1 独立電源システムの場合は電力会社との協議・申請は必要ありません。
※2 20kW未満の低圧系統連系システムでは一般用電気工作物となり、電気主任技術者の選任や保安規定の届出は必要ありません。
東海防災株式会社 中村建設 eco-nakaken 京セラソーラーFC